LINK

やっと投資すると時という場合には何をおいても下調べを横着してはいけません。

取引を行う前であるとすれば、出来事を落ち着いて観察する事ができる余地があります。

ところが、ひとたび取引の内部へ深入りするとどう試みても物の見方が主観的になり肝心な時に正しい考え方が出来なくなる。

恐れが生じる。

だから自分自身の頭が落ち着いているうちに、正しく事前準備をしておくことが大切です。

”事前準備”するためには、最初は自分なりのシナリオを作成する事から開始します。

この先の相場はこうなってああなるから円を売買するというように、自分で考えた筋書きを書いていきます。

次は為替チャートを調べましょう。

これまでのマーケットの上げ下げを調べて今の相場をチェックします。

そうすれば、「今は安すぎる段階である」など、他には「もう大方の人々が買い(あるいは売り)に動いているからこれから先自分が売買してもなすすべがない」ということが分かってきます。

無論今となっては売買するのがやりようがないと感じたらエントリーしないで、ここは潔くあきらめることか大切です。

どうあがいても自分自身の物語を貫いて吹っ切らずに新しく注文すると外国為替相場に押し返されてかえってマイナスになります。

もっともたいがいのケースで準備万端の自身の筋書きを書いていくと、買い(または売り)が間に合わないなというケースにはならないと考えます。

おそらく、明確に為替相場が動き出す前のはずだから。

その次にとりあえずはあなた自身が取引しようと思っている通貨ペアの変化を、注意深く確認する事が大切です。

例としてドル高になるであろうという台本を作成したのであればその通貨の推移に注目する必要があります。

為替相場の変化を気をつけ始めたばかりではその通貨は動く素振りを見せることなく、上がったり下がったり小幅な上げ下げを繰り返しているだけだろう。

だが、その変化をじっくりと見ているとある場面でじりじりと円安の方向へと変動し始めます。

そこで初めて、ドル円のトレードします。

通常、これだけ計画をしておけば、その取引で利益を上げる割合は比較的高くなるはずです。