LINK

間接クレジットカードの進め方は容易です。

カードで直に買う事ができない品物をダイレクトに買い込むのではなく間接的に買い取りするのがより得策です。

解説が単純な事により、はじめに券の事例を見ながら述べてみようと思います。

モデルになる男性が有名なカバンを購入したいと思っているようです。

持ちたい素晴らしいアクセサリーを置いているショップでは買いたくてもカード払いが無理です。

ところがVISA、Diners clubなどの商品券を利用すれば取引する事を認めてくれるといいます。

そこで例にあげようとしている人はクレジットで金券を注文してを売っている店舗におもむきカードを使ってJCB、American Express、NICOSなどののギフト券を購入してみます。

次いで利用したクレジットを駆使して取引したJCB、MasterCard、Diners clubなどの金券を店に持って訪れ使いたかった有名な銘柄のアクセサリーを買い付けたとします。

「どうして商品券で購入した個人はそのような手の込んだやり方をしなければいけないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、解説したプロセスを利用するならだったらもらえる事はないカードポイントが獲得できます。

お金を支払って一流の服を買い付けしたりした場合であってもポイントはゲットできませんしNICOSなどのギフトカードを直接お金で購入した後使用してももらえません。

しかし今説明した状況ではDiners clubなどのギフト券をクレジットで買ったため、価値のあるアクセサリーを買い付けした場合とつりあう量だけクレジットポイントが貯まる事になるのです。

こういうケースが直接的でなくカードを用いた事になっているという理由で、直接でないクレジットと呼ばれている進め方です。