LINK

破産申請における手順にしたがって申請者は第一に申請書を申請者の住居を管理する地方裁判所に届けることが基本です。仕事 辞めたい アフィリエイト

申し立て者からの申請書が届いたら地方裁判所は認定をするのがよい理由が存在するかどうかといったことを審議することになり議論の終了後、申立人に返済不能の様態というような自己破産の条件が十分満たされている場合自己破産申請の決定がもらえるわけです。

ですが自己破産の認可があっても、それだけですと債務がなくなったということにはなりません。

さらに免責の認定を与えてもらう必要があります。

免責とは手続き上において返済することが不可能な人の返済額に対しては、裁判所で責任を帳消しにすることです。

※大雑把に言えば負債額を無しにすることです。

免責に関しても、自己破産申立の認定の審理と似たように地裁で審査がなされて診断の末に、免責の決定がなされたのなら申請人は義務から脱することになり晴れて借金額はゼロになります、その後ローンやクレジット払いが使用停止になることを別にして、破産判定者が被る不利益からも免れるということになります。

このとき、免責拒否(負債をゼロにできない)の判断がなされると返済責任さらに自己破産者の被るハンデはそのままになります。

破産法の免責システムは無理もない事情があって多重負債を負ってしまい苦しみもがく人を救助する目的のシステムです。

したがって資産を無いふりをして自己破産の手続きをするといった、裁判官にあてて偽の書類を送るなど破産システムを不正使用しようとする人間や、賭博や暴飲暴食などの散財で借金を負うことになった人間の場合その人の破産の申立て過程を削除したり、免責が許されません。

破産法では免責の許諾をとることが認められない原因を今取り上げた事例の他にも準備していて、それについて免責の不許可事由といっています。